武蔵小杉・新丸子の矯正歯科なら

〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

診療時間
9:30~13:00 × ×
15:00~20:00 × ×

△:15:00~18:00、休診日:水曜・日曜

ご予約・お問合せはこちらへ

044-744-1181
歯やあごの骨へのダメージを
最小限に抑える矯正治療

歯やあごの骨へのダメージを
最小限に抑える矯正治療

噛み合わせを重視した
矯正方法をご提案

患者さまのお口の健康を長期的に支えます

武蔵小杉・新丸子で矯正歯科なら
イサオ歯科クリニック

イサオ歯科クリニックでは、虫歯や歯周病を悪化させない、噛み合わせを大切に考えた矯正治療をご提供。武蔵小杉・新丸子周辺で矯正歯科の受診をお考えの方は、ぜひ当院にご相談ください。

矯正歯科の問題点

現代も昔も、歯の位置だけを問題にしている歯科矯正は、生体にとって傷害行為となります。有害無益どころか、マイナスになってしまうことも。それは、美容整形と同じとも言えます。

現在の矯正治療とは?

上下の歯が並ぶ歯槽という部分の長さと、歯の長さの合計を比べて歯の方が長ければ、その分、歯を抜くか削るかしないと綺麗にならびません。上下ともまずこの操作をし(この状態ではまともに噛めません。)綺麗にならべます。そのあと、上下の歯の全体を引っ張って噛ませようとします。そうすると、見た目もよくなるという考えでやっているのが昔からの歯科矯正治療と称するものです。実に簡単な理屈でやっている治療です。

しかし、人間の歯の咀嚼(食べ物を噛み砕くという操作)は、あごの周りの筋肉と歯の表面のぶつかり合いでなされるものなので、人為的に歯を動かしても筋肉は順応しにくいのです。物を食べるとは、上下の歯のかみ合わせで食べ物をかみ切り、すりつぶすという行為で食物を消化しやすい形まで粉砕し胃袋にまでながしこむ事です。ですから、歯だけ動かしても筋肉が順応できなければ、まともに食べ物をすりつぶせません。つまり、上下の歯の位置は動いていいものではないのです。

器具が簡素化して実に治療が簡単になった歯科矯正なので、アメリカでは専門医は少なく、普通の歯科医師の半数が矯正をしているのが現状です。

矯正治療の時期

矯正治療は簡単、しかし傷害が大きいので「時期」と「考え方」が重要です。時期は、あごの成長が著しい15歳前後まで待って行う方がリスクは低いです。現代の矯正治療のように、すべての歯を動かすことはせずに、本人が望むところだけを矯正するというスタンスの方が、安全で早く患者さんに満足していただけることと思います。

矯正治療中にやらなければならないことは、痛みがないか、歯が動揺していないか、歯周病になっていないか、虫歯になっていないか、これらの観察こそ重要なのです。問題があれば直ちに処置をすべきです。歯は簡単に動くものなのですから…。

院長 松下 勲夫

日本ホメオパシー医学会 認定歯科医師
英国ホメオパシー医学会 認定歯科医師

イサオ歯科クリニックのホームページへようこそ。院長の松下 勲夫(まつした いさお)と申します。

皆さまは、矯正治療にさまざまなリスクがあることをご存知でしょうか?

このホームページをご覧になっている方の多くは、歯並びをキレイに整える矯正治療を受けたいと考え、情報収集されているところかと思います。そうした方々にとって、「矯正治療には多くのリスクがある」という情報はさぞ驚きでしょう。

私は、「矯正治療は良い結果ばかりが得られる治療ではない」ということを患者さまにお伝えしたいと考え、このホームページを開設しました。こちらに記載されている内容を、ぜひ今後の参考にしていただければと思います。

当院は、重症の歯周病の患者さまの診察を数多く手がけている歯科医院です。お越しになる患者さまの中には、過去に矯正治療を受けたことがある方も少なからずいらっしゃいます。

1982年に歯科医師になって以来、私はたくさんの患者さまを診てきました。治療の経験を重ねる中、矯正治療後に歯周病にかかって歯を失ってしまった方が、驚くほどたくさんいらっしゃると気づいたのです。そのため私は、矯正治療が歯周病を引き起こす原因になっていると考えています。

原因その1
矯正治療であごの骨が溶ける

矯正治療は、歯並びを整えるために歯に力をかけて動かすという治療です。

固いあごの骨から生えている歯が、どうして動くのでしょうか。答えは「歯に力をかけることであごの骨が溶けるから」です。歯を動かそうと力をかけると、進行方向の骨が溶けて歯が移動。そして、進行方向とは逆の側に新しく骨ができます。進行方向の骨を溶かしながら歯が動き、移動した後ろ側に新しい骨ができる…その繰り返しが矯正治療なのです。

一方の歯周病は、細菌が出す毒素によって歯ぐきの組織が壊され、あごの骨が溶けていく病気。矯正治療も細菌の出す毒素も、あごの骨が溶ける「原因」であることに変わりはありません。したがって、「矯正治療は医学的に見て歯周病を引き起こしているにすぎない」と私は考えています。

原因その2
矯正治療で歯の根が溶ける

矯正治療によって溶けるものは、あごの骨だけではありません。

歯に強い力をかけることで、あごの骨に埋まっている歯の根が先端から溶けていく現象もよく見られます。この現象を「歯根吸収(しこんきゅうしゅう)」と呼びます。

歯や歯ぐきが健康な状態であれば、歯根吸収は大きな問題にはなりません。しかし、ひとたび歯周病にかかってしまうと歯が抜けやすくなります。過去に矯正治療を受けた患者さまは、将来、歯を失うリスクが高まると言えます。

原因その3
矯正治療によって歯の神経を損傷することも

このように、矯正治療には数々のリスクが。中でも、歯周病にかかって歯を失うリスクが特に高いと私は考えています。とはいえ、歯並びがキレイに整うことで得られる見た目の改善効果は、患者さまにとって大きな価値があることだと思います。歯を思いきり見せて笑えるようになるメリットは、なおのこと大きなものでしょう。

矯正治療をご検討中の患者さまに私がお伝えしたいことは、矯正治療には、メリットのみならずデメリットやリスクも多数あるという事実です。矯正治療には健康保険が適用されず、自費での治療となる分、治療費用が高額になりがち。「高額な治療費用を払って治療を受けたのに…」などと、受けた治療をいつか後悔することにならないよう、お力添えができればと考えています。

矯正治療にリスクがあることを知った上で、「リスクを最小限に抑えるにはどうすれば良いのか?」「リスクを最小限に抑えた治療とはどんなものか?」という点を十分にご検討いただければと思います。その上で矯正治療にお臨みいただきたい。私たちはそう考えています。

このホームページが、矯正歯科治療をご検討されている方々のお役に立てば幸いです。

武蔵小杉・新丸子で矯正をお考えの方は、ぜひ当院にご相談ください。

01
歯やあごの骨への
ダメージを最小限に

矯正治療は、力をかけて歯を動かしていく治療。そのため、歯やあごの骨にダメージを与えてしまうリスクがあります。私たちは、こうしたダメージを最小限に留められる矯正治療を目指しています。

02
噛み合わせを
重視した治療

私たちは、患者さまが生まれ持った歯並びを大切に考え、噛み合わせが崩れてしまわない範囲で行う部分矯正治療をご提案しています。

また、お口全体の矯正をご希望の方には、やはり噛み合わせが崩れないよう調整を重ねながら治療を進めてまいります。

03
患者さまの
将来の健康のために

矯正治療中は、歯周病にかかりやすいものです。お口の中を清潔に保ち、歯周病のリスクを下げられるよう、私たちは患者さまへの歯磨き指導を徹底して行っています。

まずは上手な歯磨きができるよう丁寧にサポートし、患者さまがお口の中を十分清潔に保てるようになってから矯正治療をスタートします。

※全体の歯を矯正する「全顎矯正」は現在取り扱っておりません。

それぞれクリックしてご覧ください。

矯正歯科治療の
種類・料金

当院で受けられる矯正治療の種類と、それぞれの治療方法や費用についてご説明。

矯正歯科治療の
流れ

ご来院から治療終了まで、どんな流れで治療を進めていくのかご案内しています。

院内ツアー
設備紹介

院内の様子や、治療に用いる設備・機器などを詳しくご紹介しています。

2020/06/25
矯正専門サイトを公開いたしました。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お電話かご予約フォームよりお気軽にご連絡ください。

044-744-1181

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00
午後:15:00~20:00
△:15:00~18:00
休診日:水曜・日曜

044-744-1181

〒211-0063
神奈川県川崎市中原区小杉町1-527-4 メゾンゴールド1A

・東急東横線「新丸子駅」西口下車 徒歩3分
・東急東横線・目黒線「武蔵小杉駅」徒歩7分
・JR南武線・湘南新宿ライン「武蔵小杉駅」北口下車 徒歩5分
<バスでお越しの場合>
「武蔵小杉駅」北口バスターミナル下車 徒歩5分